コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチオニン発酵 メチオニンはっこうmethionine fermentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチオニン発酵
メチオニンはっこう
methionine fermentation

硫黄を含んだ必須アミノ酸であるL-メチオニンを微生物を用いて生産する方法。栄養上メチオニンは DL型もL型も差異がないので,化学合成された DL-メチオニンが栄養強化用,飼料添加用などとして用いられているが,アミノ酸輸液にはL型が使用される。メチオニンの発酵生産は,メチオニンの構造類似化合物エチオニンに抵抗性をもつ細菌の変異株を用いて行うこともできるが,収量は低い。L-メチオニンは,化学合成した DL-アセチルメチオニンに微生物から得た酵素アミノアシラーゼを作用させて,L型のみを脱アセチル化することによって生産される。アミノアシラーゼは固定化酵素の形でも用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android