コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定化酵素 こていかこうそ immobilized enzyme

3件 の用語解説(固定化酵素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定化酵素
こていかこうそ
immobilized enzyme

水に不溶性の担体に適当な方法で固定化された酵素標品をいう。不溶化酵素などとも呼ばれていたが,必ずしも酵素が不溶性になっていない場合もあるので,固定化酵素と呼ぶことに統一されている。ほとんどの酵素は水に可溶であり,反応系より酵素のみを回収して繰返し使用することは困難であるが,種々の方法で固定化し,安定性を増大させることによって連続使用が可能となり,分析,医療,化学工業などの分野に応用できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

固定化酵素

 酵素を樹脂に固定したり,小さな空間に閉じ込めて固体のようにして,触媒能を保持した状態にしたもの.移動相に基質を加えて連続的に反応させることが可能となるため,実験室でも,また工業的にも用いられている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こていかこうそ【固定化酵素】

酵素を担体に結合したり、ゲルまたは半透膜で包容したりなどして閉じ込め、再利用あるいは連続使用できるような形にしたもの。酵素反応を利用する有用物質の生産、環境汚染物質の除去・分析などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の固定化酵素の言及

【機能性高分子】より

…(1)高分子染料・顔料,高分子医薬・農薬,高分子安定剤 それぞれ相当する機能をもつ低分子物質を高分子に結合させたり包みこむことにより,その安定性を高めたり効果を持続させたりする。(2)高分子触媒,固定化酵素 触媒や酵素,さらには微生物そのものを高分子に結合させることにより,これらを用いる反応の生成物の分離と触媒などの回収,再生を容易にする。高分子触媒(3)イオン交換樹脂 イオンを交換する機能をもつ基を不溶性の高分子に結合させておくことにより,交換されたイオンをその高分子に結合,分離することができる。…

【酵素工業】より

…そしてこれらの製造には加水分解酵素以外に,酸化還元,異性化,転移などの反応に関与する酵素が多用されている。このように多方面に酵素の利用が展開してきた要因の一つに,最近の固定化酵素の技術開発を挙げねばならない。これは,酵素をある種の担体に吸着または結合させたり,特殊なゲルやマイクロカプセルの中に封入して不溶化したものを,例えばカラムに充てんし,その中を基質溶液を通過させて,反応を行わせる方法で,従来のバッチ式による酵素の使用法にくらべて,酵素を繰り返し使用できるために経済性が飛躍的に向上した。…

【反応性高分子】より

…(化学式)反応試剤や触媒を高分子に固定し,そうした試剤や触媒(高分子触媒)を用いて反応を行わせると,生成物を不溶性の高分子試剤あるいは触媒から容易に分けることができるので,生成物の分離にもまた触媒などの回収にも好都合である。酵素を利用する反応においても,通常は水に溶ける酵素を高分子に固定して不溶化しておくと,生成物の分離などの反応操作が容易になる(固定化酵素)。この固定化の方法の一つは反応性高分子と酵素を反応させることである。…

※「固定化酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

固定化酵素の関連キーワード可溶性奇正使い所不溶性レーキ顔料アルコール不溶性物質逆相HPLC酸不溶性灰分担体介在性膜輸送二酸化ゲルマニウム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固定化酵素の関連情報