コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メドニン メドニンMédenine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メドニン
Médenine

アラビア語ではマダニーイーン。チュニジア南部,マダニーイーン県の県都。ガベスの南東約 40km,半乾燥地帯のジファーラ平野に位置する。フランス保護領時代は,南方軍政部の中心地であった。現在はこの地方の,ナツメヤシオリーブ,穀物,エスパルト草 (パルプ原料) の集散地。交通の要衝。人口3万 3131 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メドニン(Medenine)

チュニジア南東部の町。古くから交易の要地として栄え、日干し煉瓦(れんが)でつくられたクサールとよばれる穀倉群が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メドニンの関連情報