コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メドニン Médenine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メドニン
Médenine

アラビア語ではマダニーイーン。チュニジア南部,マダニーイーン県の県都。ガベスの南東約 40km,半乾燥地帯のジファーラ平野に位置する。フランス保護領時代は,南方軍政部の中心地であった。現在はこの地方の,ナツメヤシ,オリーブ,穀物,エスパルト草 (パルプ原料) の集散地。交通の要衝。人口3万 3131 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メドニン(Medenine)

チュニジア南東部の町。古くから交易の要地として栄え、日干し煉瓦(れんが)でつくられたクサールとよばれる穀倉群が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android