コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メドーフォックステール Alopecurus pratensis; meadow foxtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メドーフォックステール
Alopecurus pratensis; meadow foxtail

イネ科の多年草。ヨーロッパ,西アジア,北アフリカの原産で牧草として栽培され,世界の温帯に広く帰化している。日本には明治初期に牧草として輸入されたが,いまでは各地に野生化している。短い根茎があり,草丈は 1m内外。葉は線形で長さ 20~40cm,白緑色で縁に細かい鋸歯がある。夏,茎頂に長さ4~6cm,径8~10mmの円柱状の花穂をつける。緑色または帯紫色で,多数の小穂を密生し軟らかい。和名はオオスズメノテッポウ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メドーフォックステールの関連キーワードイネ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android