コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メノルカ[島] メノルカ

百科事典マイペディアの解説

メノルカ[島]【メノルカ】

地中海西部,スペインのバレアレス諸島東端の島。ミノルカMinorca島とも。低平な島で,最高点は標高358m。牧畜が主産業で,チーズ,靴の製造が行われる。先史時代洞窟遺跡が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のメノルカ[島]の言及

【バレアレス[諸島]】より

…イベリア半島の東,地中海上にあってマリョルカMallorca,メノルカMenorca,イビサIbiza,フォルメンテラFormenteraその他の小島からなるスペイン領諸島で,行政的には一県をなしている。総面積5014km2,人口65万5909(1981),主都はパルマ・デ・マリョルカ。…

※「メノルカ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メノルカ[島]の関連キーワードミノルカ[島]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android