コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラニア[小] Melania

世界大百科事典 第2版の解説

メラニア[小]【Melania】

383‐439
古代ローマの女性。貴婦人の身からキリスト教の修道生活に入った例として,祖母大メラニアとともに有名。ローマ市の旧家に生まれ,13歳で名門貴族ピニアヌスPinianusに嫁ぐ。20歳で夫とともに禁欲生活に入ることを決意,年収12万ソリドゥスを彼女に与えていたシチリア,アフリカ,スペインなどの所領を処分して,その金を慈善活動に投じた。410年ローマ市を離れ,しばらく北アフリカにとどまったのちパレスティナに渡り,修道院を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メラニア[小]の関連キーワードグラチアヌス釈迦アルカディウスグラティアヌスターク・イ・ブスターンマクシムス監査役シンマクステオドシウス(1世)五胡十六国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android