コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリムデ Merimde

世界大百科事典 第2版の解説

メリムデ【Merimde】

エジプト北部,カイロ北西約60kmにある下エジプトを代表する新石器時代の大集落遺跡。中心遺跡は,マリムダ・バニー・サラーマ。1920年代末から約10年間にわたり,オーストリアのH.ユンカーらによって発掘された。ここで発見された文化を総称してメリムデ文化と呼んでいる。遺跡は3時期に大別されるが,発掘が必ずしも適切でなかったこともあり,この文化をどの時期に置くかは異論が多い。出土遺物から考え,おそらく上エジプトバダーリ文化期の後半から,アムラ文化期(ナカーダI期)の末ころにかけての時期のものとみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

メリムデの関連キーワード中東史(年表)土葬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android