異論(読み)イロン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 他と異なる意見。対立した考え。また、それを表明すること。
※東寺百合文書‐に・永仁三年(1295)三月八日・地頭中沢基員分田坪付注文案「云以前、云向後、為止異論、募年貢之足、可切出田地」
※連理秘抄(1349)「末学未練のともがら、異論に及ぶべからず」 〔国史補〕
② 仏語。正しい教えである仏法に反する考え。〔雑阿含経‐三四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異論の関連情報