異論(読み)いろん

精選版 日本国語大辞典「異論」の解説

い‐ろん【異論】

〘名〙
① 他と異なる意見対立した考え。また、それを表明すること。
※東寺百合文書‐に・永仁三年(1295)三月八日・地頭中沢基員分田坪付注文案「云以前、云向後、為止異論、募年貢之足、可切出田地」
連理秘抄(1349)「末学未練のともがら、異論に及ぶべからず」 〔国史補〕
仏語。正しい教えである仏法に反する考え。〔雑阿含経‐三四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異論」の解説

い‐ろん【異論】

他と違った意見や議論異議。「異論を唱える」
[類語]異議異存反対・不賛成・不同意不承知批判抵抗造反対立辞退固辞遠慮難色辞する否む難色を示す首を振る首を横に振るかぶりを振るを唱えるを立てる如何なものか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android