メルスエルケビル(英語表記)Mers el-Kébir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジェリア北西部の軍港都市。オラン北西約 15km。東風と高波から保護された天然の良港。地中海西部を扼する地点にあり,ローマ時代からポルトゥスマグヌス (大港の) と呼ばれて繁栄。 12世紀にはアルモハド朝,15世紀にはトレムセン,1492年からは海賊,その後スペインポルトガルオスマン帝国の重要な軍港。 1830年7月 27日フランスに占領され,以来 1968年までその軍港であった。軍港関連業のほか,漁業,水産加工業が主要産業。海岸は美しく,海水浴場や別荘地が付近にある。人口1万 1002 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android