コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産加工業(読み)スイサンカコウギョウ

百科事典マイペディアの解説

水産加工業【すいさんかこうぎょう】

水産物を加工し,冷凍食品・調理食品・練製品・缶詰・飼肥料・魚油などの食品,畜産・工業原料を生産する産業。日本の総合メーカー約1万3000の大半は小企業。高度成長期に発展し,多獲魚のスケトウダラの冷凍すり身技術の開発(かまぼこなど製造)やサバ青切り・缶詰加工,イワシの魚油・飼肥料製造などによって,大量漁獲と量産加工をもたらした。しかし200カイリ水域の普及による漁獲制限などで,原料となる安値魚の確保が重要課題となっている。他方,冷凍・調理食品など高級需要の拡大で新市場の開発が進み,水産加工業の立地も旧来の漁家や特産地などの伝統加工から,企業の新規加入がいちじるしい新産地や消費地加工が進出,原料の大半を海外に求めはじめ,水産物輸入を激増させている。→水産物貿易
→関連項目漁村食品工業水産業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいさんかこうぎょう【水産加工業】

水産物を原料として、食品・肥料などを生産する産業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水産加工業の言及

【水産加工】より

…なお,冷凍すり身の製法については〈すり身〉の項目を,また非食用品の製法については〈フィッシュミール〉〈フィッシュソリュブル〉の項目を参照されたい。【山口 勝巳】
【水産加工業】
 漁獲生産された水産物を原料にして加工し,冷凍食品,調理食品,練製品,缶詰,飼肥料,魚油などの食品や畜産・工業原料を生産する産業で,漁業と不可分に結びついている。各種水産加工食品を製造しているいわゆる総合メーカーは,全国で約1万3000事業所を数えるが,近年やや減少傾向にある。…

※「水産加工業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産加工業の関連情報