メンデル遺伝(読み)メンデルイデン

世界大百科事典 第2版の解説

メンデルいでん【メンデル遺伝 Mendelian inheritance】

核内の染色体に座を占める遺伝子の伝達とその発現によっておこなわれる遺伝様式をメンデル遺伝という。この遺伝様式は基本的にはメンデルの遺伝の3法則,つまり優劣の法則,分離の法則ならびに独立の法則に従うものである。これに対して核外の細胞質にふくまれる遺伝因子によって支配される遺伝様式を非メンデル遺伝non‐Mendelian inheritanceまたは染色体外遺伝extrachromosomal inheritanceという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android