コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モアンダ Mouanda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モアンダ
Mouanda

ガボン南東部の町。マンガン鉱埋蔵地帯の中心地。含有率 50~52%の鉱石の世界有数の大規模な埋蔵が推定されている。 1962年から開発が始り,年間 1000t余を輸出。鉱石は北方約 25kmのムーナナで採掘されるウラン鉱と同様に,76kmの世界最長の鉱石用リフトでコンゴ共和国のムビンダに送られ,そこから鉄道でポアントノアール港に運ばれるほか,トランスガボネ鉄道によってオウェンド港に運ばれ,輸出される。人口約2万 3000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モアンダ(Moanda)

ガボン南東部の都市。世界最大級のマンガン鉱山があることで知られ、1950年代に採掘が開始された。トランスガボン鉄道により港湾都市オウェンドと結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

モアンダの関連キーワードシャイユ山脈マスク

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android