コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モアンダ モアンダ Mouanda

2件 の用語解説(モアンダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モアンダ
モアンダ
Mouanda

ガボン南東部の町。マンガン埋蔵地帯の中心地。含有率 50~52%の鉱石の世界有数の大規模な埋蔵が推定されている。 1962年から開発が始り,年間 1000t余を輸出。鉱石は北方約 25kmのムーナナで採掘されるウラン鉱と同様に,76kmの世界最長の鉱石用リフトコンゴ共和国のムビンダに送られ,そこから鉄道でポアントノアール港に運ばれるほか,トランスガボネ鉄道によってオウェンド港に運ばれ,輸出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モアンダ(Moanda)

ガボン南東部の都市。世界最大級のマンガン鉱山があることで知られ、1950年代に採掘が開始された。トランスガボン鉄道により港湾都市オウェンド結ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モアンダの関連キーワードオウェンド硬マンガン鉱水マンガン鉱軟マンガン鉱埋蔵地帯緑マンガン鉱ムナナラテライト性マンガン鉱床沼マンガン鉱層状マンガン鉱床

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モアンダの関連情報