モグリバエ(潜蝿)(読み)モグリバエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モグリバエ(潜蝿)
モグリバエ

双翅目のハモグリバエ科 Agromyzidaeとキモグリバエ科 Chloropidaeに属する昆虫の総称。幼虫が植物の組織にもぐり込んで生活するハエで,ほかにショウジョウバエミバエ,フンバエモドキなどの諸科にも同様な習性をもつものがあり,それらもモグリバエと称される。ハモグリバエ類には潜葉性のものが多いが,茎,つぼみ,根にもぐるものもあり,体長は2~3mmの種が多い。ナモグリバエ Phytomyza atricornisは灰黒色のハエで,幼虫は多食性を示し,アブラナ科,キク科の野菜やエンドウなどの葉にもぐる。キモグリバエ類もほぼ同大のハエで,光沢のある黒色と黄色の体に,幅広い頭部をもつ。イネキモグリバエ Chlorops oryzaeは日本各地に産し,幼虫はイネの茎に潜入し,新芽や幼穂を食害する。 (→ハモグリムシ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android