コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラナ科 アブラナか Cruciferae

2件 の用語解説(アブラナ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科
アブラナか
Cruciferae

双子葉植物ケシ目の1科。世界のほぼ全域にわたって約 400属 3000余種があるが,分布の中心は北半球の温帯,特に地中海地方である。多年草または一年草で,まれに小低木化するものもある。最大の特徴は4数性の花をつけ,片,花弁ともに4枚で,6本 (うち4本が長い) のおしべがあり,十字形に開くことで,このことから十字花植物ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラナ科
あぶらなか
[学]Cruciferae

双子葉植物、離弁花類。草本性で、葉は互生し、単葉または複葉で托葉(たくよう)はない。花序は総状または散房状。花は両性、萼片(がくへん)4枚、花弁4枚で十字形に並び、雄しべは6本で、内輪の4本は長い。雌しべは1本、子房は上位、2心皮、2室からなり、胚珠(はいしゅ)は側膜胎座(たいざ)につく。果実は角果、隔膜があり2室となる。種子に胚乳がない。幼根が子葉につく位置に背位と側位とがあり、属を見分ける区別点となる。世界に375属約3200種分布し、北半球の温帯に多く、日本には21属約60種が自生する。ヨーロッパ、北アメリカから帰化したものにマメグンバイナズナ属、オランダガラシ属、タマガラシ属、ミヤガラシ属、カラクサナズナ属などがあり、観賞用に栽培されるものにニワナズナ属(アリッサム)、アラセイトウ属、ニオイアラセイトウ属、マガリバナ属などがある。
 アブラナ属には、アブラナ、キャベツ、カブなど古くから有用植物として栽培されているものが多い。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアブラナ科の言及

【アブラナ(油菜)】より

…油料植物や野菜として重要なアブラナ類は,4月ころ黄色の十字花をつけるアブラナ科植物で,種子には40~45%の油を含み,世界中で広く栽培される。明治以後セイヨウアブラナの栽培が始まる前は,日本ではアブラナが植物性油の中でも最も重要なものであった。…

※「アブラナ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブラナ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物主根禾本科合弁花類網状脈双子葉類単子葉類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブラナ科の関連情報