ミバエ(読み)みばえ(英語表記)fruit flies

日本大百科全書(ニッポニカ)「ミバエ」の解説

ミバエ
みばえ / 実蠅
果実蠅
fruit flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群ミバエ科Tephritidaeの総称。この科のハエは体長2~15ミリメートル、一般的に5~6ミリメートルのものが多い。頭部は雌雄とも離眼的であるが、雌雄とも複眼の基部が伸長したものや、雄のみ角(つの)状の突起をもつものもある。頭部前額の額縁剛毛は上が1~2対、下が2~3対またはそれ以上存在し、後頭頂剛毛はほぼ平行して、けっして交差しない。はねでは、前縁脈は3か所で分断され、亜前縁脈は末端で直角に近い角度で前方へ折れる。はねには黄色、褐色、黒色の美しい斑紋(はんもん)をもつものが多いが、はねに斑紋のあるハエのすべてがミバエ科ではない。雌の腹部には明瞭(めいりょう)な産卵管基部環節がある。

 幼虫は無頭のウジで、植物を加害するが、生活様式によって次のように分けられる。

(1)生果実に食入するもの。熱帯から温帯で農作物の重要な害虫と目されるものが多い(チチュウカイミバエ、ミカンコミバエ、ウリミバエ、ミカンバエ、オウトウハマダラミバエなど)。

(2)植物の葉に潜るもの。

(3)植物の茎または根に食入するもの。このなかには虫こぶ(虫癭(ちゅうえい))をつくるものもある。

(4)植物の花に食入するもの。とくにキク科に入るものが多い。

(5)その他。シロアリの巣やコウモリガの食入跡から発見されたものもある。さらにめずらしい例では、ほかの昆虫による虫こぶ内で、その棲み主を食べるという、肉食性のものが知られている。

[伊藤修四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ミバエ」の解説

ミバエ
Tephritidae; fruit fly

双翅目ミバエ科に属する昆虫の総称。体長2~20mmであるが,5mm内外のものが多い。翅に美しい斑紋のある種が多く,亜前縁脈の先端が直角に近い角度で前方に曲り,消える点で他と区別できる。成虫は花や葉の上などにみられ,止っているとき翅をゆっくりと上下する習性がある。幼虫は無頭の (うじ) で,植物を加害するが,生果実に潜入するもの,植物の葉に潜入するもの,虫 癭をつくるもの,花に潜入するものなどいろいろある。果実の害虫として有名なものが多く (チチュウカイミバエなど) ,日本ではミカンコミバエ,ウリミバエ Bractrocera cucurbitaeなどが南西諸島以南に産し,本土への侵入が警戒されている。 (→双翅類 , ハエ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ミバエ」の解説

ミバエ

双翅(そうし)目ミバエ科の昆虫の総称。種類が多く,大部分は細形で明色,翅に斑紋がある。体長は多くで1mm以内。幼虫(蛆(うじ))は植物の葉,茎,果実,芽などに潜入。果実やウリ類に寄生するものは特に被害が著しいので各国で防除や侵入阻止に努力している。生の果実,ウリ類その他が輸入禁止になっているのもこのため。成虫は葉上や木の陰に多く,アブラムシの甘露によく来集する。ミカンコミバエ,チチュウカイミバエ,ウリミバエなど著名な大害虫が多く含まれる。
→関連項目ハエ(蠅)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android