コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モサラベ聖歌 モサラベせいかMozarabic chant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モサラベ聖歌
モサラベせいか
Mozarabic chant

中世スペインカトリック教会の単声典礼聖歌。グレゴリオ聖歌とは違った地方的特色を示す。名称はイスラム支配下のスペインで,キリスト教徒モサラベと呼んだことに由来するが,実際にはイスラム支配下以前のビシゴート時代からあったため,ビシゴート聖歌とも呼ばれる。最も重要な部分はミサや聖務日課のための交唱で,11世紀まで独自の伝統を保ったが,その後ローマ式典礼に併合された。9~11世紀の写本が残されているが,普通とは違ったネウマで記譜されているため,完全には解読されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モサラベ‐せいか【モサラベ聖歌】

6~11世紀、トレドを中心としてスペインのカトリック教会で行われた典礼聖歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモサラベ聖歌の言及

【スペイン音楽】より


[芸術音楽]
 最初に重要な表れとしては〈モサラベ聖歌〉が挙げられる。これは6~7世紀,西ゴート王国時代に形成された独特なキリスト教聖歌で,つづくイベリア半島イスラム化の時代(8世紀以降)にも多くのキリスト教徒(モサラベ)によって支持されたが,11世紀ごろローマ教会の勢力拡大とともに衰亡した。…

【中世音楽】より

…ローマに教皇庁ができてからも,グレゴリウス1世らの尽力を契機として,典礼聖歌の体系がつくり上げられていった。ローマ式典礼聖歌が確立したあとは,フランク王ピピン3世やカール大帝の政策などにもよって,フランスのガリア聖歌,スペインのモサラベ聖歌などの地方的な諸体系は消滅したが,ミラノ式典礼聖歌だけは,アンブロシウス聖歌の名で今日まで伝えられてきた。今日グレゴリオ聖歌の名で知られているローマ・カトリック教会の単旋律の典礼聖歌は,ルネサンス時代の反宗教改革の波の中で整理されたもので,中世の何世紀ものあいだに創作され改変された歌の集大成であり,地中海沿岸起源の歌よりも,フランク・ゲルマン起源の歌が多いのではないかと考えられている。…

※「モサラベ聖歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モサラベ聖歌の関連キーワードアンブロジオ聖歌スペイン音楽中世音楽

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android