コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖務日課 せいむにっかofficium divinum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖務日課
せいむにっか
officium divinum

種々のキリスト教会において,賛美と礼拝の公の行為をいい,『詩篇』からの抜粋賛歌祈祷および初期教会の教父の著作その他の書の抜粋の朗読より成る。昼夜の特定の時刻に行われるこの行為は,キリスト教団の生活を聖化するためであり,また教会の公の祈祷としては,司祭キリストの天父に対する賛美の延長と考えられ,聖職者修道者の特別な任務とされている。たとえば,ローマ・カトリックでは,朝課 (夜半) ,讃課 (夜明け) ,一時課 (早朝) ,三時課 (午前9時) ,六時課 (12時) ,九時課 (午後3時) ,晩課 (夕) ,終課 (夜) の8時祷があった。音楽的には晩課が最も壮麗で,多声部合唱,楽器が参加することもある。またマニフィカトなどに大作曲家の作品も少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいむにっか【聖務日課】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の聖務日課の言及

【時課】より

…キリスト教の典礼の一つ。〈時禱canonical hours〉〈聖務日課divine office〉とも呼ばれてきたが,現代では〈教会の祈り〉といわれる。聖書によれば,旧約時代から朝晩をはじめ,一定の時刻に一日に何回か祈る習慣があり(《詩篇》55:18など),キリストもたびたび祈り(《マルコによる福音書》6:46など),弟子たちも一定の時刻に祈るようになった(《使徒行伝》2:15,3:1,10:9など)。…

【修道院】より

…夏期と冬期の間には四旬節というキリストの荒野における40日間の苦行を記念する特別期間が置かれている。1日の生活は,昼と夜をそれぞれ12区分した時間にもとづき,1日8回の聖務日課(時課),すなわち暁課,朝課,一時課,三時課,六時課,九時課,晩課,終課が定められている。一時課とは昼の第一時に始まる日課をいう。…

※「聖務日課」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖務日課の関連キーワードマリア(キリストの生母)クリュニー修道院改革運動ジャン・ド・ピュッセルウルバヌス[8世]ノートル・ダム楽派トラピスト修道会キリスト教音楽グレゴリオ聖歌時祷書・時禱書アンティフォナキリシタン文学ベネディクト会ビザンチン音楽聖公会の音楽モサラベ聖歌ザカリヤの頌イタリア音楽ピウス12世ピウス5世イエズス会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖務日課の関連情報