コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モシチツキ Ignacy Mościcki

1件 の用語解説(モシチツキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モシチツキ【Ignacy Mościcki】

1867‐1946
ポーランドの学者,政治家。リガ工科大学で化学を学ぶ。社会主義運動に関与し,1892年イギリススイスに亡命。新たな窒素製造法を発見,1912年リボフ工科大学教授となり,化学工業の発展に寄与する。26年5月の政変後,親交のあったJ.ピウスーツキによって大統領に任命され,その政策を忠実に実行する。39年第2次大戦勃発に際し,ルーマニアに逃れ,政権をパリの亡命政府に譲る。戦後スイスの亡命先で客死。【伊東 孝之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のモシチツキの言及

【ポーランド】より

…その支配は正常なものでなく,ピウスーツキの個人的権威に依存していた。 ピウスーツキは既成政党を嫌い,大統領モシチツキIgnacy Mościcki(1867‐1946)や首相バルテルKazimierz Bartel(1882‐1941)のような専門官僚,首相スワベクWalery Sławek(1879‐1939)のような軍団以来の側近(いわゆる〈大佐グループ〉)を重用した。議会選挙に対応するため〈政府翼賛無政党ブロック〉という政治組織がつくられたが,〈サナツィアsanacja(浄化)〉というあいまいな標語とピウスーツキへの個人的忠誠以外に政綱を欠いていた。…

【ポーランド】より

…その支配は正常なものでなく,ピウスーツキの個人的権威に依存していた。 ピウスーツキは既成政党を嫌い,大統領モシチツキIgnacy Mościcki(1867‐1946)や首相バルテルKazimierz Bartel(1882‐1941)のような専門官僚,首相スワベクWalery Sławek(1879‐1939)のような軍団以来の側近(いわゆる〈大佐グループ〉)を重用した。議会選挙に対応するため〈政府翼賛無政党ブロック〉という政治組織がつくられたが,〈サナツィアsanacja(浄化)〉というあいまいな標語とピウスーツキへの個人的忠誠以外に政綱を欠いていた。…

※「モシチツキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モシチツキの関連キーワードニュージーランド亜区ポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割ローランドゴリラパデレフスキーヤゲロー朝ワンダーランドローランド効果阪東宏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone