コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジャーヘダーン Mojāhedān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モジャーヘダーン
Mojāhedān

イラン立憲革命における市民義勇軍。本来はイスラムの「聖戦 (→ジハード ) 参加者」の意味であるが,立憲革命では世俗的意味に用いられた。 1907~08年にかけてタブリーズレシトテヘランで地区別職人団体,仁侠団体ごとに自発的に市民が立憲制擁護のために武装した。そのなかには「社会民主党」の中央委員会が組織したものもあった。 08年6月の王朝側の反革命クーデターではテヘランで部分的に抵抗した。タブリーズでは彼らの防衛が成功し,王朝軍の包囲に耐えた。レシトの蜂起部隊はテヘランを攻撃して立憲制を回復するうえで大きな役割を果した。その後テヘランの組織は解散され再編成された。タブリーズの組織は 11年 11月から翌年1月にロシア軍によって攻撃され,壊滅した。またイラン革命では同名のゲリラ (サーズマーネ・ムジャーヘディーネ・ハルク) が活動した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モジャーヘダーンの関連キーワードサッタール・ハーンギーラーン共和国シャー・セバン族

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android