コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスタールト モスタールトMostaert, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスタールト
Mostaert, Jan

[生]1475頃. ハールレム
[没]1555/1556
オランダの画家。肖像画,宗教画を主とした。おそらくヘールトヘン・トット・シント・ヤンスと親交があって,少なからず彼の影響を受けている。モスタールトの一生については多くは知られていないが,ある文献によると,18年間ネーデルラントの摂政,オーストリアのマルガレーテ・フォン・エステルライヒに画家として仕え,彼女の旅行に同伴して,まわりの廷臣たちの肖像画を制作したといわれる。また生地ハールレムで活躍したともいわれる。フランドルの画家(→フランドル美術)と同期であったにもかかわらず,作風は従来のオランダ画家のものを保持し,構図が客観的で,色彩が華やか,細部の描写は精確さをきわめている。おもな作品に祭壇画の『キリストの降架』(ベルギー王立美術館)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モスタールトの関連キーワードピネン自然林証誠寺大峰ユリホアニケツスピウス1世回復登記イオン結晶静岡(県)修学旅行専用電車

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android