降架(読み)こうか(英語表記)Deposition

翻訳|deposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「降架」の解説

降架
こうか
Deposition

キリスト教美術の主題。死去したイエス・キリストを十字架から降ろす場面を描く。マタイ,マルコ,ルカの各福音書に基づきイエスの屍をアリマタヤのヨセフピラトに願って十字架から降ろした。ときにはユダヤの習慣どおりにイエスの身体に香油を塗るために死体を横たえる場面をもさすこともある。初期の受難表現では「磔刑」の次はすぐ「復活」であるが,880~886年のビザンチン写本『グレゴリウス説教集』 (フランス国立図書館) 挿絵では,ヨセフとニコデモがイエスを降ろし聖母とヨハネがこれを見守る場面もある。福音書のエグベルト写本 (980頃,トリール市立図書館) では聖母は不在だが,中世末には聖母は不可欠の存在でキリストの右手に接吻 (カッパドキアのトカレ・カリッセ,10世紀) または屍を支える (ドゥッチオの祭壇画『マエスタ』,1311,シエナ大聖堂美術館) 。人数はふえ,はしごもかけられた (アンテラミのパルマ大聖堂浮彫,1178) 。気丈に立っていた聖母がのちには卒倒して,ヨハネやマグダラのマリアなどによって支えられる図像が現れるようになる。ルーベンスアントウェルペン大聖堂祭壇画 (1611~14) は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android