モチビョウキン(餅病菌)(読み)モチビョウキン(英語表記)Exobasidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モチビョウキン(餅病菌)
モチビョウキン
Exobasidium

担子菌類ヒダナシタケ目モチビョウキン科の1属。約 15種が知られ,そのうち日本特産で代表的なものはツバキモチビョウキン E. camelliaeとツツジモチビョウキン E. japonicumである。前者はツバキに寄生し,花部や子房をおかすので花の奇形を生じ,しばしば餅のような外見で,握りこぶしのような形になることもある。後者はキリシマツツジモチツツジヤマツツジなどツツジの類に寄生し,その葉がふくれて餅のような外観を呈し,しばしば美しい紅色を帯びる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android