コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モナスティール Monastir

デジタル大辞泉の解説

モナスティール(Monastir)

チュニジア北東部、地中海に面する都市。スース南東約20キロメートルに位置する。要塞、大モスクなど8世紀から11世紀頃の歴史的建造物が残る。同地出身の初代大統領ハビブ=ブルギバとその一族を祭るブルギバ霊廟がある。同国有数の海岸保養地の一つとして知られる。モナスティル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

モナスティールの関連キーワードH.B. ブルギバM. ムザリブルギーバチュニジアマラブーブルギバビトラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android