モナ海峡(読み)モナかいきょう

世界大百科事典 第2版の解説

モナかいきょう【モナ海峡 Mona Passage】

西インド諸島中部にあって,北の大西洋と南のカリブ海を連絡する海峡で,イスパニオラ島(西)とプエルト・リコ(東)の間に位置する。幅約110km,長さ約50km。パナマ運河から北大西洋に至る航路に当たり,西インド諸島における海上交通の要所の一つ。海峡の南端部には面積約50km2のモナ島が浮かび,保養地となっている。【柳町 晴美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android