コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハンマド・カズビーニー Muḥammad Qazvīnī

1件 の用語解説(モハンマド・カズビーニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モハンマド・カズビーニー【Muḥammad Qazvīnī】

1877‐1949
イランの文献学者。テヘランに生まれ,伝統的なイスラム教育を修めたあと,1904年,ロンドンベルリンに遊学し,第1次世界大戦後から1940年末までパリに居を定めて研究を行った。ヨーロッパの東洋学者の知己を得て近代的な研究法を身につけ,ペルシア語写本の校訂,書誌学的研究に優れた業績をあげ,ジュワイニー《世界征服者の歴史》ニザーミーの《チャハール・マカーレ》や,《ハーフィズ詩集》の校訂を行った。【坂本 勉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モハンマド・カズビーニーの関連キーワードグリムテヘラン文献学イランイランてへテヘラン会談てへりフュステルドクーランジュテヘラン宣言イランの難民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone