コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハンマド・カズビーニー Muḥammad Qazvīnī

世界大百科事典 第2版の解説

モハンマド・カズビーニー【Muḥammad Qazvīnī】

1877‐1949
イランの文献学者。テヘランに生まれ,伝統的なイスラム教育を修めたあと,1904年,ロンドン,ベルリンに遊学し,第1次世界大戦後から1940年末までパリに居を定めて研究を行った。ヨーロッパの東洋学者の知己を得て近代的な研究法を身につけ,ペルシア語写本の校訂,書誌学的研究に優れた業績をあげ,ジュワイニーの《世界征服者の歴史》,ニザーミーの《チャハール・マカーレ》や,《ハーフィズ詩集》の校訂を行った。【坂本 勉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モハンマド・カズビーニーの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎日本郵便制度史(年表)森一生パーマーおもなお雇い外国人ドッジ・ライン今井正木下恵介中国共産党

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android