コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリブデン合金(読み)モリブデンごうきん(英語表記)molybdenum alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリブデン合金
モリブデンごうきん
molybdenum alloy

モリブデンを合金主剤とした合金で,その高融点を利用する耐熱材料としての用途が最も注目される。電気抵抗炉抵抗材や特殊の場合の耐熱材としては 1800℃まで使用できるが,それはすべて真空または水素気流中で (→耐熱合金 ) ,大気中では 750℃で酸化揮発するので使用できない。しかし 1100℃以上ではほかの合金と比較して強いので,1%以下のチタン,ジルコニウムニオブなどの添加により,高温耐酸化性を改善する試みがなされている。炭化物,ケイ化物も耐熱サーメット材料として注目されるものの一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる