特殊(読み)トクシュ

デジタル大辞泉の解説

とく‐しゅ【特殊】

[名・形動]
性質・内容などが、他と著しく異なること。また、そのさま。特異。「特殊な細菌」「特殊な事件」
機能・用途・目的などが限られること。専門・専用であること。また、そのさま。特別。「特殊な技能」「特殊な装置」
限られた範囲のものにしかあてはまらないこと。また、そのさま。「特殊な原理」⇔普遍
論理学で、個別下位に、普遍を上位にもつ概念。例えば、「ソクラテス」(個別)と「人類」(普遍)に対する「ギリシャ人」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくしゅ【特殊】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通のものと異なっていること。平均的なものを超えていること。また、そのさま。特別。 ⇔ 一般普通 「 -な製法で作られた薬」
ある種類のもの全体にわたるのではなく、限られた若干のものだけにいえる・こと(さま)。 ⇔ 普遍 「これは-なケースだ」 「 -な事例」
〘論〙
〔particular〕 普遍が全体にかかわり、個別がその全体に含まれる個々の要素にかかわるのに対し、全体の一部にかかわることをいう。例えば、「人間」「この人間」に対して「ある人間」。
〔special〕 類種系列において、下位のものの上位のものに対するより限定されたあり方をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特殊の関連情報