コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロ戦争 モロせんそう

1件 の用語解説(モロ戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロ戦争
モロせんそう

1571年から 300年にわたってスペインフィリピン間で行われた戦争。モロとは本来はイベリア半島に侵入したイスラム教徒 (ムスリム) をさすスペイン語であるが,のちにフィリピンのイスラム教徒をさす語となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のモロ戦争の言及

【フィリピン】より

…しかし,両地域はスペイン体制の末期まで,ついにスペインの進出を許さなかった。とくに南部のイスラム地域では,ホロ島をはじめとして,ミンダナオ島のコタバト地方やラナオ地方などにモロ族による強力なスルタン国家が成立していたので,スペイン政庁はこれらイスラム地域と3世紀近くにわたって,〈モロ戦争〉と呼ばれる熾烈な戦いを繰り返した。 18世紀後半に入って,スペイン政庁はフィリピンの経済開発を模索するようになった。…

【モロ族】より

… スペインの進出当時は,フィリピン中北部のミンドロ島やルソン島マニラ湾一帯にもモロ族が存在したが,スペインの征服活動の結果,モロ族の居住地域は,南部のスールー諸島とミンダナオ島およびパラワン島の一部に限られるようになった。スペインはこの南部モロ族社会を征服するために,3世紀にわたってモロ戦争と呼ばれる侵略戦争を継続したが,ついに成功しなかった。一方,モロ族はこれに対する報復として,スペイン支配下の中北部フィリピンの海岸地帯に果敢な海賊行為を繰り返したので,モロ族社会とキリスト教徒社会の間には,憎悪と対立の関係が形成された。…

※「モロ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モロ戦争の関連キーワード日経300先物取引氏家卜全和田惟政漕運マニラ壱岐国LaserWriter散歩の日々エアバス離婚後300日問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone