コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴルアルタイ山脈(読み)モンゴルアルタイさんみゃく(英語表記)Mongol-Altayn nuruu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴルアルタイ山脈
モンゴルアルタイさんみゃく
Mongol-Altayn nuruu

モンゴル南西部にある北西-南東方向の山脈。アルタイ山地の主脈で,モンゴル,ロシア,中国の国境が集るナイラムダル山 (4356m) から南東端のギチゲネ山地まで約 900kmに及ぶ。長さ,高さともモンゴル最大。北部には最高点のムンフハイルハン峰 (4362m) をはじめ 4000m級の山が並び,ポターニン氷河 (長さ 17km,幅 2.5km) ,プルジワルスキー氷河 (長さ 12km,幅 4km) など大規模な氷河が多い。南東に向うにつれて高度を減じ,山容も穏やかになって,ゴビアルタイ山脈に続く。北斜面は概して地形が単純であるが,南側には峡谷や支脈が多い。北斜面にはタイガがみられ,低地のステップではウシとヒツジを中心に放牧が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android