コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴルアルタイ山脈 モンゴルアルタイさんみゃくMongol-Altayn nuruu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴルアルタイ山脈
モンゴルアルタイさんみゃく
Mongol-Altayn nuruu

モンゴル南西部にある北西-南東方向の山脈。アルタイ山地の主脈で,モンゴル,ロシア,中国の国境が集るナイラムダル山 (4356m) から南東端のギチゲネ山地まで約 900kmに及ぶ。長さ,高さともモンゴル最大。北部には最高点のムンフハイルハン峰 (4362m) をはじめ 4000m級の山が並び,ポターニン氷河 (長さ 17km,幅 2.5km) ,プルジワルスキー氷河 (長さ 12km,幅 4km) など大規模な氷河が多い。南東に向うにつれて高度を減じ,山容も穏やかになって,ゴビアルタイ山脈に続く。北斜面は概して地形が単純であるが,南側には峡谷や支脈が多い。北斜面にはタイガがみられ,低地のステップではウシとヒツジを中心に放牧が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンゴルアルタイ山脈の関連キーワードツァスト・ボグド山バヤンウルギー州ゴビアルタイ州イルトゥイシ川モンゴル高原イルティシ川アルタイ山脈フィティン山ウラーンゴムハルオス湖ウルギーオブス湖ホブド州アルタイホブド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴルアルタイ山脈の関連情報