コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタギュー=チェルムスフォード報告 モンタギューチェルムスフォードほうこく

世界大百科事典 第2版の解説

モンタギューチェルムスフォードほうこく【モンタギュー=チェルムスフォード報告】

第1次大戦終局前の1918年4月にイギリス議会に提出された,戦後のインドに対して行うべき統治上の改革に関する報告書で,正式にはインド制憲委員会報告という。大戦半ばの1917年8月に新たにインド大臣に任命されたモンタギューEdwin Samuel Montaguが〈インドにおける責任政府の漸次的実現〉に関する声明を行い,それに従って現状視察のために来印してインドの藩王や政治指導者らと会見し,総督チェルムスフォードF.J.Napier,1st Viscount Chelmsfordと連名で提出したのがこの報告であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモンタギュー=チェルムスフォード報告の言及

【インド統治法】より

…これらはいずれも民族運動の発展にそなえてインド統治の仕方を詳細に定めており,インド政府法とよぶ方がふさわしい内容である。1919年法,つまりモンタギュー=チェルムスフォード報告による改革は州の予算を中央のそれから分離するとともに州独自の所管事項を定めた。また州議会では被選出議員が過半数をしめるようになった。…

※「モンタギュー=チェルムスフォード報告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンタギュー=チェルムスフォード報告の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android