コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンパタケ(紋羽茸) モンパタケTrametes orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンパタケ(紋羽茸)
モンパタケ
Trametes orientalis

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。クジラタケ (鯨茸) ともいう。広葉樹枯れ枝用材などに生じるコルク質の強靭なキノコである。子実体は柄がなく,扁平な半円形で,多数が水平に重なり合って生じる。長径は6~20cm,厚さ5~10mmである。上面は灰色または灰褐色で,環紋はなく細かな繊毛が密生している。胞子は無色。本州,四国,九州に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報