コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンフォール家 モンフォールけMontfort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンフォール家
モンフォールけ
Montfort

フランス中世の貴族の家系。パリ西方約 20kmに位置するモンフォール・ラモーリー城が同家発祥の地で,家名もまたここに由来する。初代からカペー朝に仕えてその重臣であったが,12世紀後半から特に重要な存在となった。シモンド・モンフォールはイングランドレスター伯領をもあわせ継承し,東方十字軍に参加,次いでアルビジョア十字軍を指揮してフランス南部を平定した。大陸領はその長男アモーリーに継承されたが,レスター伯領を相続した父と同名のシモン・ド・モンフォールはイングランド貴族の反乱を指導し,ヘンリー3世に迫ってオックスフォード協約を承認させイギリス議会政治成立の発端をつくった。大陸における直系は 14世紀初頭に断絶したが,所領と家名は女系を通じてブルターニュ公家に伝えられ中世末まで存続した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone