コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンリュソン Montluçon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンリュソン
Montluçon

フランス中部,アリエ県の西部にある都市。クレルモンフェランの北西約 90km,ロアール川支流のシェール川にのぞむ。 1830年にベリー運河がセーヌ川をはじめ多くの河川流域とこの地方とを結びつけ,また付近に炭田も開かれて急速に発展した。金属,タイヤ,電機,化学などの工業が行われる。商業中心地でもある。 12~13世紀の聖ピエール聖堂,ブルボン家の城,15~16世紀の木造家屋群などが残る。人口4万 6660 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モンリュソンの関連キーワードA. キュビリエキュビリエメサジェシェル川

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android