コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンリュソン モンリュソンMontluçon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンリュソン
Montluçon

フランス中部,アリエ県の西部にある都市。クレルモンフェランの北西約 90km,ロアール川支流のシェール川にのぞむ。 1830年にベリー運河がセーヌ川をはじめ多くの河川流域とこの地方とを結びつけ,また付近に炭田も開かれて急速に発展した。金属,タイヤ,電機,化学などの工業が行われる。商業中心地でもある。 12~13世紀の聖ピエール聖堂,ブルボン家の城,15~16世紀の木造家屋群などが残る。人口4万 6660 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンリュソンの関連キーワードA. キュビリエキュビリエメサジェシェル川

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android