モーリス エルゾーグ(英語表記)Maurice Herzog

20世紀西洋人名事典の解説


1919.1.15 -
フランスの政治家,登山家。
元・フランス・スポーツ大臣,元・シャモニ市長。
リヨン生まれ。
16才から登山を始め、1944年プトレイのブレンバ側を登攀、’45年グラン・シャルモ北西稜登攀、’50年にはヒマラヤのアンナプルナ遠征隊長として人類初の8000m峰登頂に成功。帰途手足の指を凍傷で失うが「処女峰アンナプルナ」(’52年)はこの時の記録を書いた名著である。その後国立登山スキー学校校長、ドゴール政権下で初代スポーツ大臣、シャモニ市長を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android