コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登攀 トウハン

デジタル大辞泉の解説

とう‐はん【登×攀】

[名](スル)登山で、険しい岩壁などをよじ登ること。とはん。「ヒマラヤ登攀に成功する」
[補説]書名別項。→登攀

と‐はん【登×攀】

[名](スル)とうはん(登攀)

とうはん【登攀】[書名]

小尾十三の短編小説。日本統治下の朝鮮を舞台に、日本人教師と生徒との交流を描く。昭和19年(1944)発表。同年、第19回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうはん【登攀】

( 名 ) スル
高い山などをよじ登ること。とはん。 「アイガー北壁を-する」

とはん【登攀】

( 名 ) スル

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

登攀の関連キーワードコンティニュアスクライミングトップロープクライミングスタカットクライミングルートファインディングミシシッピー・クイーンクライミングウオールモーリス エルゾーグice hammerリードクライミングエイドクライミングダン・ブランシュ山ロッククライミングハーマン ブールビルダーリングアイスハーケンダン・デラン山アイスバイルジュージュウィンパー小尾 十三

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登攀の関連情報