登攀(読み)トウハン

デジタル大辞泉の解説

とう‐はん【登×攀】

[名](スル)登山で、険しい岩壁などをよじ登ること。とはん。「ヒマラヤ登攀に成功する」
[補説]書名別項。→登攀

と‐はん【登×攀】

[名](スル)とうはん(登攀)

とうはん【登攀】[書名]

小尾十三の短編小説。日本統治下の朝鮮を舞台に、日本人教師と生徒との交流を描く。昭和19年(1944)発表。同年、第19回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうはん【登攀】

( 名 ) スル
高い山などをよじ登ること。とはん。 「アイガー北壁を-する」

とはん【登攀】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐はん【登攀】

〘名〙 高い所や、けわしい山などをよじ登ること。とはん。
※文華秀麗集(818)中・遊北山寺〈多治比清貞〉「香刹青嵒頂、登指世情」 〔張華‐蕭史曲〕

と‐はん【登攀】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登攀の関連情報