モーリッツ・フォン・ザクセン(英語表記)Moritz von Sachsen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリッツ・フォン・ザクセン
Moritz von Sachsen

[生]1521.3.21. フライベルク
[没]1553.7.11. ジーフェルスハウゼン
ザクセン公 (在位 1541~53) ,ザクセン選帝侯 (在位 47~53) 。ザクセン公ハインリヒの子。宗教改革を支持しつつも,神聖ローマ皇帝カルル5世と結び,1546~47年従兄のザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒを破り,ザクセン選帝侯位を得た。しかし 51年カルルに離反し,52年フランス王の援助を得たプロテスタント諸侯の反乱に加わり,カルルにパッサウ条約を余儀なくさせ,虜囚の身にあるプロテスタント諸侯の釈放を認めさせた。 53年ブランデンブルク辺境伯アルベルト・アルキビアデスと戦い,致命傷を受け没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android