コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

致命傷 チメイショウ

デジタル大辞泉の解説

ちめい‐しょう〔‐シヤウ〕【致命傷】

死の原因となる重い傷。「致命傷を負う」
取りかえしのつかないほど大きな痛手。「収賄の疑惑が致命傷となって落選する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちめいしょう【致命傷】

死ぬ原因となった傷。命とりの傷。 「 -を負う」
再起できないほどの痛手。 「大暴落が-となって破産した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

致命傷の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)モーリッツ・フォン・ザクセングレアム[クレーバハウス]自動車事故被害者問題ズットフェンの戦いコンラート(1世)ジャームッシュジークフリートアーサー王伝説鉄腕バーディー非致死性兵器ストルイピン放射線生物学確証破壊戦略日本刺しゅうベオウルフ水の江滝子硫酸メチルナヒーモフ円卓の騎士

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

致命傷の関連情報