コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル5世 カルルごせいKarl V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル5世
カルルごせい
Karl V

[生]1500.2.24. ヘント
[没]1558.9.21. サンユステ
カルロス1世としてスペイン王 (在位 1516~56) ,神聖ローマ皇帝 (在位 19~56) 。ハプスブルク家の皇帝マクシミリアン1世の孫でブルゴーニュのフィリップ (のちのカスティリア王フェリペ1世〈美麗王〉 ) とカスティリア王女フアナ・ラ・ロカの長男。スペイン王国を継承後,フランス王フランソア1世との選挙戦に勝って皇帝に選ばれ,新大陸やナポリを加えたスペイン王国とネーデルラント,オーストリアにまたがる広大な領域を支配した。しかしその治世の大半はフランソア1世およびこれと連合する諸国との間の,イタリア支配をめぐるたびたびの戦争,さらに東方より迫るオスマン帝国との戦いに明け暮れ,ドイツに現れることは少なかった。このため,カトリック教会体制と結びつく中世的な大帝国の理想をいだきながら,当時ドイツに起っていた M.ルターの宗教改革運動を適時に圧殺することができず,新教諸侯や都市とのシュマルカルデン戦争を引起した。この戦争はカルルの圧勝に終ったが,スペイン王権への隷属に対する危懼は,多数派の旧教諸侯の間にさえカルルへの不信をつのらせたため,1552年に新教諸侯がフランスと結んで再度起した反乱ではまったく受身にまわり,休戦を余儀なくされた。ドイツ問題の処理は弟フェルディナント (1世) にゆだねて,55年のアウクスブルクの和議にも関与せず,翌年にはスペイン王位を嗣子フェリペ (2世) に譲り,マドリード近郊,サンユステ修道院わきの田荘に引退した。その治世中,みずからいだいた政治の理想を実現できず,またヨーロッパにおける宗教改革も抑止することはできなかったが,偉大な探検家たちが発見した新世界に,カトリックの伝道の道を開いたのはカルルであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルル5世の関連キーワードマルガレーテ・フォン・エステルライヒアルブレヒト・アルツィビアデスモーリッツ・フォン・ザクセンアウクスブルクの暫定取決めマルゲリータ・ディ・パルマフリードリヒ3世(賢公)アルブレヒト[マインツ]ジョアン3世(敬虔王)インディアス枢機会議フェルディナント1世ウォルムスの帝国議会ヘルマン[ウィート]シュワルツェンベルククリスティアン3世アウクスブルク信条シャンボール条約カロリナ刑事法典モンモランシー公カンブレーの和約シュワーバハ条項

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android