コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤエヤマチシャノキ Ehretia dichotoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマチシャノキ
Ehretia dichotoma

ムラサキ科の常緑高木で,熱帯アジアからオーストラリア北部にかけて広く分布する。日本では八重山諸島に自生するので,この名がある。高さ 10~15mになり,幹は褐色で直立する。葉は長さ1~2cmの柄があって互生し,長楕円形で長さ 10~15cm,両端,特に先端が鋭くとがり,全縁でほとんど無毛である。夏,枝端に分枝の多い集散花序を出し,白色カップ状の小花を多数つける。果実は径 5mmほどの球形で赤褐色に熟し,先端が突起する。西南日本に産するチシャノキによく似るが,葉が細めで,花や花序全体もやや小さい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android