コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重山諸島 やえやましょとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八重山諸島
やえやましょとう

沖縄県西部,日本の南西端にある諸島。宮古諸島と合わせて先島諸島と呼ばれる。石垣島那覇市から約 410km),西表島与那国島竹富島を中心に尖閣諸島など無人島を合わせ 32の島々からなる。行政的には石垣市竹富町与那国町に属する。面積は西表島が最大であるが,政治,経済の中心は石垣島で,石垣市に八重山事務所がある。琉球王朝時代,石垣島の北部や西表島に強制的な植民が行なわれたが,マラリアのため失敗。第2次世界大戦後のマラリア撲滅の成功で,1950~57年に沖縄島宮古島から自由移住者,計画的集団移住者が入植して定着。パイナップル,サトウキビ栽培が普及して豊かな農業地域を形成。琉球王朝時代の名残りをとどめる民謡,舞踊が多く,古代の祭事,行事も伝承されている。亜熱帯の離島で豊かな自然に恵まれ,米原のヤエヤマヤシ群落など 10件の国指定の天然記念物がある。石垣島,西表島,竹富島,波照間島鳩間島西表石垣国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八重山諸島

日本列島の最西南端に点在する島々で、八重山列島とも呼ばれる。沖縄で沖縄本島に次いで大きい西表島、石垣島など12島に人が住んでいる。中心地の石垣島と台湾の距離は277キロで、410キロ離れた那覇市より近い。

(2008-10-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

八重山諸島【やえやましょとう】

八重山列島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やえやましょとう【八重山諸島】

沖縄県南西部、先島さきしま諸島に所属する島群。石垣島・西表いりおもて島が主な島々。観光およびサトウキビ栽培が主産業。八重山列島。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八重山諸島の関連キーワード南西諸島学徒体育大会明和八重山地震津波あかまたくろまた沖縄県八重山郡ハナダカトンボアカフジツボ日台漁業交渉消滅危機言語カンムリワシヨナクニサンコモチサヨリ八重山郷里牛戦争マラリアいりおもてみんさあ蜂須賀線うちくい琉球諸島琉球語日本犬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八重山諸島の関連情報