ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)(読み)ヤケアトツムタケ(英語表記)Pholiota carbonaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)
ヤケアトツムタケ
Pholiota carbonaria

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。森林焼け跡,焚火跡などの材や木株の周囲に発生する。は径1~4cm,肉質で丸山形,のちに平らに開き中央がわずかに上がる。帯赤暗褐色ひだは密で淡灰褐色または褐色となる。柄は太さ 0.3~0.5cm,高さ 1.5~5cm,中空で暗褐色。胞子紋は汚灰褐色。食べられる。本州に産し,北アメリカ,南アメリカ,ヨーロッパアフリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android