ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)(読み)ヤケアトツムタケ(英語表記)Pholiota carbonaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)
ヤケアトツムタケ
Pholiota carbonaria

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。森林の焼け跡,焚火跡などの材や木株の周囲に発生する。傘は径1~4cm,肉質で丸山形,のちに平らに開き中央がわずかに盛上がる。帯赤暗褐色。ひだは密で淡灰褐色または褐色となる。柄は太さ 0.3~0.5cm,高さ 1.5~5cm,中空で暗褐色。胞子紋は汚灰褐色。食べられる。本州に産し,北アメリカ,南アメリカ,ヨーロッパアフリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android