コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸) ヤケアトツムタケPholiota carbonaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)
ヤケアトツムタケ
Pholiota carbonaria

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。森林の焼け跡,焚火跡などの材や木株の周囲に発生する。傘は径1~4cm,肉質で丸山形,のちに平らに開き中央がわずかに盛上がる。帯赤暗褐色。ひだは密で淡灰褐色または褐色となる。柄は太さ 0.3~0.5cm,高さ 1.5~5cm,中空で暗褐色。胞子紋は汚灰褐色。食べられる。本州に産し,北アメリカ,南アメリカ,ヨーロッパアフリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android