ヤロスラフ リバコフ(英語表記)Yaroslav Rybakov

最新 世界スポーツ人名事典「ヤロスラフ リバコフ」の解説

ヤロスラフ リバコフ
Yaroslav Rybakov
陸上

走り高跳び選手
生年月日:1980年11月22日
国籍:ロシア
出生地:モギリョフ
経歴:1998年世界ジュニア選手権アヌシー大会男子走り高跳び5位。2001年世界選手権エドモントン大会銀メダル。2002年グランプリファイナル2位。2003年世界選手権パリ大会9位、ワールドアスレチックファイナル1位。2004年アテネ五輪6位、ワールドアスレチックファイナル2位。2005年世界選手権ヘルシンキ大会銀メダル、ワールドアスレチックファイナル3位。2006年ワールドアスレチックファイナル3位。2007年世界選手権大阪大会銀メダル、ワールドアスレチックファイナル6位。2008年北京五輪で銅メダル獲得。同年ワールドアスレチックファイナル4位。2009年世界選手権ベルリン大会金メダル、ワールドアスレチックファイナル1位。2010年世界室内選手権ドーハ大会銀メダル。198センチ、84キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android