コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山郁夫 ひらやま いくお

美術人名辞典の解説

平山郁夫

日本画家。昭和5年(1930)広島県生。東美校卒業後、前田青邨師事日本美術院賞を再度受け同人となり、現在理事・評議員として活躍している。シルクロードを描いた一連の近作によって新潮社芸術大賞を受賞。また、敦煌壁画の保存修復を手掛ける。平成元年東京芸大学長に就任。文化功労者文化勲章受章。神奈川県住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらやま‐いくお〔‐イクを〕【平山郁夫】

[1930~2009]日本画家。広島の生まれ。東京美術学校前田青邨に師事。日本美術院を中心に活動し、東京芸術大学学長などを歴任。また国内外の文化財保護にも注力した。仏教やシルクロードをテーマとした作品が多く、代表作に「入涅槃(ねはん)幻想」「仏教伝来」、薬師寺玄奘三蔵院の壁画「大唐西域壁画」などがある。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平山郁夫【ひらやまいくお】

日本画家。広島県生れ。1952年東京芸術大卒。前田青邨に師事。1953年再興日本美術院展入選。仏教的な主題を得意とし,その延長としてシルクロード等を取材する一方,世界の文化遺産の保護運動にも携わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山郁夫 ひらやま-いくお

1930-2009 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和5年6月15日生まれ。前田青邨(せいそん)に師事。院展に出品,昭和39年日本美術院同人となる。シルクロードを取材旅行し,仏教東漸などをテーマにした作品を発表。48年東京芸大教授,平成元年学長,13年2度目の学長につく。10年文化勲章。国内外の文化財の保護につくし,16年朝日賞。平成21年12月2日死去。79歳。広島県出身。東京芸大卒。作品に「入涅槃(ねはん)幻想」「雲崗盧遮那仏(るしゃなぶつ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平山郁夫
ひらやまいくお

[生]1930.6.15. 広島,瀬戸田
[没]2009.12.2. 東京
日本画家。旧制中学 3年のとき,広島市内に投下された原子爆弾で被爆。1947年東京美術学校(のちの東京芸術大学)に入り,日本画家の前田青邨に師事。1953年『家路』が日本美術院展覧会(院展)に初入選。中国の唐代の僧,玄奘(三蔵法師)をイメージした『仏教伝来』(1959)で注目を浴び,『入涅槃幻想』(1961)と『受胎霊夢』(1962)が日本美術院賞(大観賞)を連続受賞し,1964年日本美術院の最年少同人となる。1966年に東京芸術大学第1次中世オリエント遺跡学術調査団に参加後,シルクロードをたどって仏教東漸の道を求め,中央アジアやアフガニスタンをたびたび訪れて仏教,各地の仏蹟や風物などを主題にした一連の傑作を生んだ。1976年に「平山郁夫シルクロード展」が開催され,日本芸術大賞を受賞,2000年には奈良の薬師寺玄奘三蔵院に『大唐西域壁画』を奉納した。世界の文化遺産の保存や修復活動にも力を注ぎ,1967年法隆寺金堂壁画再現模写事業,1973年高松塚古墳壁画の現場模写に従事,中国の敦煌遺跡を保護するため,個展の収益 2億円を寄付した。1973年から東京芸術大学教授,1989~95年,2001~05年の 2度同大学学長を務めた。1993年に文化功労者に選ばれた。1996年レジオン・ドヌール勲章,1998年文化勲章を受章,2001年マグサイサイ賞を受賞。1997年広島県尾道市に平山郁夫美術館,2003年山梨県北杜市平山郁夫シルクロード美術館が設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山郁夫
ひらやまいくお
(1930―2009)

日本画家。広島県豊田(とよた)郡瀬戸田(せとだ)町(現尾道(おのみち)市)に生まれる。1952年(昭和27)東京美術学校を卒業。以後前田青邨(せいそん)に師事する。翌年第38回院展で初入選。1964年日本美術院同人となる。1970年同院評議員、1981年同理事、1996年(平成8)理事長となる。また、1973年(昭和48)に東京芸術大学教授となり、1989年(平成1)から同大学学長を2期務める。仏教伝来の淵源(えんげん)を求め、さらに東西文明交流の跡を訪ねて中国、インドから中近東にまで足を伸ばし、その成果を端整で幻想的な一連の作品群として発表し続けている。法隆寺金堂壁画、高松塚古墳壁画の再現模写などにも携わった。1998年文化勲章受章。2000年奈良・薬師寺玄奘三蔵院(げんじょうさんぞういん)に『大唐西域壁画(だいとうさいいきへきが)』を完成させた。壁画は約30年かけて制作、7場面13面で高さ2.2メートル、長さ49メートルに及ぶ。1997年瀬戸田町に平山郁夫美術館が開館した。[二階堂充]
『『平山郁夫シルクロードの美と心』(1978・実業之日本社) ▽『平山郁夫シルクロード変幻』(1980・美術出版社) ▽『現代日本画全集18 平山郁夫』(1980・集英社) ▽『平山郁夫欧州写生絵巻』(1980・小学館) ▽『平山郁夫シルクロード素描集 ローマから大和へ』(1980・集英社) ▽『悠久の流れの中に』(1980・佼成出版社) ▽『平山郁夫・シルクロード素描集』全3巻(1980~81・平凡社) ▽『ガンダーラとモヘンジョダロ 平山郁夫のスケッチブック』(1981・平凡社) ▽『平山郁夫自選画集』(1981・集英社) ▽『ふるさとガンダーラ』(1985・新潮社) ▽『東方の夢遙か――ペルシアから奈良への道』(1987・美術年鑑社) ▽川口直宜編『現代の日本画12 平山郁夫』(1990・学習研究社) ▽『平山郁夫全集』全7巻(1990~91・講談社) ▽『吉備路を描く――平山郁夫画集』(1991・中央公論社) ▽『絹の道から大和へ――私の仕事と人生』(1992・講談社) ▽『熊野路を描く――平山郁夫画集』(1993・中央公論社) ▽『世界の文化遺跡――平山郁夫画文集』(1994・中央公論社) ▽『安芸路を描く 宮島――平山郁夫画集』(1994・中央公論社) ▽『この道一筋に――平山郁夫ノート』(1994・同文書院) ▽『仏教伝来 平山郁夫額装画集』(1994・読売新聞社) ▽『日本の道を描く 平山郁夫画集』全2集(1994、96・毎日新聞社) ▽『続・世界の文化遺跡――平山郁夫画文集』(1995・中央公論社) ▽『やすらぎの風景』(1995・講談社) ▽『シルクロードをゆく』(1995・講談社) ▽『心にのこる仏たち』(1995・講談社) ▽『讃岐路を描く 平山郁夫画集』(1995・中央公論社) ▽『平山郁夫・日本画のこころ――私が絵画から学んだこと』(1995・講談社) ▽『万葉の旅――大和うるわし』(1996・日本経済新聞社) ▽『私の青春物語』(1997・講談社) ▽『平山郁夫 人間の記録――悠久の流れの中に』(1997・日本図書センター) ▽平山郁夫・右田千代著『画文集 サラエボの祈り』(1997・日本放送出版協会) ▽『時を超える旅――世界遺産をたずねて』(1998・朝日出版社) ▽『平和への祈り 画文集』(1998・毎日新聞社) ▽『出雲路古代幻想 平山郁夫画集』(1998・中央公論社) ▽『絵と心』(1998・読売新聞社) ▽『平山郁夫全版画集1978―1999』(1999・日本経済新聞社) ▽『永遠のシルクロード』(2000・講談社) ▽『薬師寺への道――大唐西域壁画』(2001・集英社) ▽『平山郁夫薬師寺玄奘三蔵院大壁画』(2001・講談社) ▽『平山郁夫 ヨーロッパ旅情』(2001・日本経済新聞社) ▽『玄奘三蔵祈りの旅――シルクロード巡礼』(2001・日本放送出版協会) ▽『平山郁夫スケッチ撰集』全3巻(2001・日本放送出版協会) ▽『平山郁夫 平成の画業1~2』(2002・講談社) ▽『群青の海へ――わが青春譜』(中公文庫) ▽『生かされて、生きる』(角川文庫) ▽谷川徹三著『芸術における東洋と西洋』(1990・岩波書店) ▽田中穣著『田中穣のアート・ライブラリー 平山郁夫』(1994・芸術新聞社) ▽平山美知子著『道はあとからついてくる――「家計簿」にみる平山画伯の足跡』(1998・主婦と生活社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平山郁夫の関連キーワードビクトリア・アルバート美術館古代高句麗王国の首都と古墳群山梨県北杜市長坂町小荒間さがわん3兄弟 たびた広島県尾道市瀬戸田町沢広島県立美術館京セラ美術館ギメ美術館佐川美術館加山又造

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平山郁夫の関連情報