コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユソウボク(癒瘡木) ユソウボク guaiacum; lignum vitae

2件 の用語解説(ユソウボク(癒瘡木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユソウボク(癒瘡木)
ユソウボク
guaiacum; lignum vitae

ハマビシ科の Guaiacum officinaleG. sanctumの材についた名である。両種とも西インド諸島南アメリカ北部海岸に自生する常緑高木で,木部の心材はグアヤコン酸その他の樹脂分を含み,梅毒の治療に用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユソウボク【ユソウボク(癒瘡木) guaiacum (tree)】

中南米に分布するハマビシ科常緑樹で,材や樹脂が利用される(イラスト)。高さ15mに達することのある小高木だが,生長は遅い。偶数羽状複葉を対生し,小葉は2~3対で,広倒卵形,革質,全縁で長さ約3cmほどである。花は枝端に散状につき,淡青色で,径1.5cmほど。果実は液果で黄あるいは橙色に熟す。辺材は黄色であるが,心材は帯緑褐色で硬く密で,酸味と芳香がある。アメリカではリグナムバイタlignum vitaeの名で呼ばれ,重硬で水に沈み,海水に耐えるので,かつては船のスクリューの軸に重用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユソウボク(癒瘡木)の言及

【軸受】より


[特殊な軸受]
 軸受には各種の特殊なものがある。例えば,船尾管軸受(船の推進軸が船外に出るところに用いる)には昔から水潤滑性のよいリグナムバイタ(ユソウボク)と呼ばれる木材の軸受やゴムを用いたゴム軸受などが用いられている。プラスチック軸受には潤滑を要するものと要さないものがあり,前者ではフェノール樹脂,後者ではナイロン,テフロン,アセタール樹脂などが軸受材料として用いられる。…

※「ユソウボク(癒瘡木)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユソウボク(癒瘡木)の関連キーワードハマビシ(浜菱)下がり花浜菱癒瘡木枝垂れ糸杉鶴擬葉切蟻蛭木蒺藜子イランイランノキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone