コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユソウボク(癒瘡木) ユソウボクguaiacum; lignum vitae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユソウボク(癒瘡木)
ユソウボク
guaiacum; lignum vitae

ハマビシ科の Guaiacum officinaleG. sanctumの材についた名である。両種とも西インド諸島,南アメリカ北部海岸に自生する常緑高木で,木部の心材はグアヤコン酸その他の樹脂分を含み,梅毒の治療に用いた。また多くの病気にきくとされて,「聖なるインドの木」「生命の木」ラテン語でリグヌム・ビタエと呼ばれた。樹脂は酸化により青紫色を呈する性質があるので,そのチンキを酸化剤などの検出試薬に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユソウボク【ユソウボク(癒瘡木) guaiacum (tree)】

中南米に分布するハマビシ科の常緑樹で,材や樹脂が利用される(イラスト)。高さ15mに達することのある小高木だが,生長は遅い。偶数羽状複葉を対生し,小葉は2~3対で,広倒卵形,革質,全縁で長さ約3cmほどである。花は枝端に散状につき,淡青色で,径1.5cmほど。果実は液果で黄あるいは橙色に熟す。辺材は黄色であるが,心材は帯緑褐色で硬く密で,酸味と芳香がある。アメリカではリグナムバイタlignum vitaeの名で呼ばれ,重硬で水に沈み,海水に耐えるので,かつては船のスクリューの軸に重用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のユソウボク(癒瘡木)の言及

【軸受】より


[特殊な軸受]
 軸受には各種の特殊なものがある。例えば,船尾管軸受(船の推進軸が船外に出るところに用いる)には昔から水潤滑性のよいリグナムバイタ(ユソウボク)と呼ばれる木材の軸受やゴムを用いたゴム軸受などが用いられている。プラスチック軸受には潤滑を要するものと要さないものがあり,前者ではフェノール樹脂,後者ではナイロン,テフロン,アセタール樹脂などが軸受材料として用いられる。…

※「ユソウボク(癒瘡木)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユソウボク(癒瘡木)の関連キーワード癒瘡木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android