コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマビシ科 ハマビシかZygophyllaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマビシ科
ハマビシか
Zygophyllaceae

双子葉植物フウロソウ目の1科。熱帯,亜熱帯を中心に世界に約 25属 250種ほどが知られ,砂漠などの乾燥地や海岸,塩湖などに生じる好塩性の強い植物群である。小低木ないし木化した多年草とげをもつものが多い。また,乾燥への適応として茎,葉が肥厚し,厚い毛におおわれるものも多い。葉は羽状複葉で対生する。花は集散花序をなし,5数性,放射相称両性花萼片花弁とも5枚,おしべは5~15本ある。果実は蒴果,または小球形で開裂せず,外面にとげや角状突起をもつのが普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハマビシ科の関連キーワードユソウボク(癒瘡木)ハマビシ(浜菱)リグナムバイタグアヤク樹脂波末比之ハマビシ波万比之波麻比志日照草癒瘡木蒺藜子浜菱浜芰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android