ユダ書(読み)ゆだしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

『新約聖書』のなかの書簡の一つ。ユダの手紙ともいう。宛先(あてさき)が教会全般であるという意味で、「ヤコブ書」「ペテロ書」「ヨハネ書」とともに古くから公同の手紙とよばれている。反道徳的傾向をもつグノーシス主義的異端を激しく論駁(ろんばく)し、信徒に対して使徒たちの伝統的信仰を守ることを勧めている。著者は「ヤコブの兄弟であるユダ」(一節)と名のっている。『新約聖書』によると、ヤコブとユダはともにイエスの兄弟でもあるが(「マルコ伝福音書(ふくいんしょ)」6章3)、本書は、内容と背景からみて、紀元100年前後に教会のユダヤ人指導者が、文書に権威をもたせるためにイエスの兄弟の名前を用いて書いたものと思われる。執筆場所はギリシア、エジプト、小アジア、シリアなどと推測されているが、いずれも不確かである。

[川島貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android