宛先(読み)あてさき

精選版 日本国語大辞典「宛先」の解説

あて‐さき【宛先】

〘名〙 手紙、書類などを受け取る先方。あて名や、あて名の場所。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉三「同じ苗字の女名前がその先きになってゐる小包や手紙が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android