宛先(読み)アテサキ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 手紙、書類などを受け取る先方。あて名や、あて名の場所。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉三「同じ苗字の女名前がその宛先きになってゐる小包や手紙が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宛先の関連情報