ユニオン・ミニエール[会社](読み)ユニオンミニエール

百科事典マイペディアの解説

ユニオン・ミニエール[会社]【ユニオンミニエール】

1906年,ベルギーと英国の金融資本がベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)のカタンガ州の鉱業開発を目的に設立。銅,コバルトなどの鉱山をはじめ鉄道その他カタンガ経済を全面的に支配した。1967年政府により国有化され(当時の国名はザイール),国営企業ジェカミンが誕生した。その後,ユニオン・ミニエール社はコンゴ民主共和国以外に事業基盤を移し,今日でも世界最大の非鉄金属会社である。2001年ユミコアに社名変更。本社ブリュッセル。2011年12月期売上高23億ユーロ。
→関連項目コンゴ動乱コンゴ民主共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android