コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニタリ変換 ユニタリへんかんunitary transformation

世界大百科事典 第2版の解説

ユニタリへんかん【ユニタリ変換 unitary transformation】

n次元複素ベクトル空間Cnにおける一次変換は複素数を成分とするn次正方行列で表される。そのような行列A=(aij)に対して,を成分とする行列(すなわちAの転置行列の複素共役)をAの随伴行列といい,A*で表す。U*UUU*=1(単位行列)なる正方行列Uをユニタリ行列といい,ユニタリ行列で表されるCnの一次変換φをユニタリ変換という。Cnの二つのベクトル,に対して,xyとの内積といい,また,xの長さという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ユニタリ変換の関連キーワードハミルトン=ヤコービの理論SU(3)対称性ユニタリ行列随伴行列転置行列主軸変換複素共役複素数内積成分