ユリアンナ アヴデーエワ(英語表記)Yulianna Avdeeva

現代外国人名録2016の解説

ユリアンナ アヴデーエワ
Yulianna Avdeeva

職業・肩書
ピアニスト

国籍
ロシア

生年月日
1985年

出生地
ソ連ロシア共和国モスクワ(ロシア)

学歴
グネーシン音楽特別学校,モスクワ音楽院卒,チューリヒ音楽・演劇大学〔2008年〕卒

受賞
ジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門第1位〔2006年〕,ショパン国際ピアノコンクール第1位(第16回)〔2010年〕

経歴
5歳からグネーシン音楽特別学校でエレナ・イヴァノワにピアノを学び、ついでモスクワ音楽院でウラディーミル・トロップ教授のもとで研鑽を続けた。傍ら、2003年スイスへ留学、チューリヒ音楽・演劇大学でコンスタンティン・シチェルバコフ教授に師事し、2006〜2009年その助手を務めた。2006年ジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門第1位。2010年第16回ショパン国際ピアノコンクールで優勝、アルゲリッチ以来、45年ぶりとなる女性優勝者ということで世界中から注目される。同年12月来日し、シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団との共演とそれに続くリサイタルで日本の聴衆を魅了した。2015年東芝グランドコンサート2015でトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と共演。CDに「ショパン:ピアノ・ソナタ第2番《葬送》/英雄&幻想ポロネーズ」、ショパン「ピアノ協奏曲第1番&同第2番」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報